診療科目

脳神経外科 、脳神経内科

手足の脱力・しびれ・ふるえ、言語障害(言葉が出ない、呂律がまわらない)、頭痛、めまい、耳鳴り、視力低下・視野障害、ふらつき、歩行障害、物忘れなど症状は脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血など)、脳腫瘍、水頭症、慢性硬膜下血腫などの脳や脊椎・脊髄の病気が原因である可能性があります。

当院では最新の検査機器(CT、MRI、頸動脈エコーなど)を用いて、病気の早期発見に努め、正確な診断を行い、治療方針を決定します。

検査の結果、外科的治療や他科での精密検査、あるいは緊急で入院加療が必要な状態と判断した場合は、迅速に連携病院への紹介を行います。

対象疾患

・脳血管障害
脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形など

・脳腫瘍
髄膜腫、下垂体腺腫などの良性腫瘍、転移性脳腫瘍やグリオーマなどの悪性腫瘍

・頭部外傷
高齢者では受傷直後に問題がなくても、1~2か月経過してから頭痛、物忘れなどの症状
(慢性硬膜下血腫)がみられる場合があります。

・てんかん
部分発作、全般発作などの内服治療を行います。
数種類の抗てんかん薬を用いても、発作がコントロールできない難治性てんかんの場合は、外科的治療が可能なてんかん専門施設へ紹介致します。

・認知症
脳神経外科疾患では正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫など、外科的治療で症状が改善する物忘れもあります。

・脊椎・脊髄疾患
何らかの原因により背骨の中を通る神経が障害されて、手足のしびれや麻痺、痛みなどを生じる疾患です。
(変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症などで頸椎や腰椎に多くみられます)

・生活習慣病
高血圧、糖尿病、高脂血症、高コレステロール血症など

紹介実績のある連携病院

秋田県立循環器・脳脊髄センター http://www.akita-noken.jp/

北里大学病院 https://www.kitasato-u.ac.jp/khp/

国際親善総合病院 https://shinzen.jp/

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 http://marianna-yokohama.jp/

横浜旭中央総合病院 https://www.ims-yokohama-asahi.jp/

横浜市立市民病院 https://yokohama-shiminhosp.jp/

横浜市立大学附属病院 https://www.yokohama-cu.ac.jp/fukuhp/

横浜市立大学付属市民総合医療センター https://www.yokohama-cu.ac.jp/urahp/

横浜労災病院 https://www.yokohamah.johas.go.jp/

各種検査のご案内

マルチスライスCT

64列のマルチスライスCTで、従来に比べ格段に撮影時間が短くなりました。
最新技術でX線の被ばくを抑え、患者さんに優しい検査が実施できます。
微小な病変も診断でき、複雑な血管描出も可能です。

オープンMRI

放射線を使っていないので、人体に対し無侵襲で苦痛も少なく、安全な装置です。
ワイドオープン型のシステムなので圧迫感・閉塞感が少なく、小児や高齢者の方でも安心して検査が受けられます。
全身のあらゆる方向の断層像が撮影できます。血管像も撮影できます。

頸動脈エコー

脳に血液を送る頸動脈を超音波で簡単に視覚化できる検査です。
血管壁へのコレステロールなどの沈着による動脈硬化の早期発見や進行具合を確認できます。

呼吸機能検査

最大限の努力で息を吐いたり、吸ったりする検査です。
特に、咳や痰が続く人や喫煙者では肺の病気(慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息など)が隠れている可能性があります。

内臓脂肪検査

肥満はいろいろな病気の原因になり、肥満から動脈硬化、さらには心筋梗塞や脳梗塞につながるとも言われています。当院では、「メタボリック検査」としてCTによる撮影を行い、内臓脂肪の量を測定することが出来ます。
ただし、健康保険対象外のため、全額自費となります。当院では3000円プラス消費税です。